ニャンとも可愛くて嬉しい、「猫」と「料理」のクリエイティブな関係

猫 料理 クリエイティブ

2月22日、今日は猫の日! 日本では正月から「一富士、二にゃんこ、三にゃんこ♪」という、ニャンとも乱太郎(?!)なフレーズのCMで盛り上がってましたがw、ボク自身は最近ニャンニャンする機会にも恵まれず(涙)、、ただひたすら、猫のように気ままに自由に生きられるよう、僧侶のように日々精進している次第でございます。

さて、そんな戯言はさておき、ここ数年日本では犬よりも猫を飼う人の方が多くなっていて、空前の猫ブーム! 中国でもTmall 天猫のキャラクターとして「黒猫」が採用されているように、日本同様に猫ブームまっただ中です。ボクは断然犬派なのですが、忌まわしき「猫アレルギー」さえ克服できれば猫を飼いたいなぁ、と最近は思っている次第です。猫アレルギーを克服するためには・・・、じゃなかったですね。。今回のテーマは、猫と料理のクリエイティブな関係」でした!

広告業界では「3B」と言って、Beast (動物)、Baby (赤ちゃん)、Beauty (美人) を広告に使うと、人々のアテンションが容易に引き付けられると言われています。日中ともにそうですが、バブル期にはエロい表現の広告等がいっぱいあるんですよねぇえぇ (現場はめっちゃ楽しそうぅ)。さて、ここ最近はボーダーレスな猫ブームも相まって、猫をモチーフにしたクリエイティブなアイテムを色んなところで目にします。そこで今回は、特に「猫と料理」の関係に着目し、そこでクリエイティブな表現を行っている事例をいくつかご紹介!

猫ちゃんが愛らしく動画で料理紹介!「料理猫王」

 ・料理猫王【哔哩哔哩】https://space.bilibili.com/6108872/
 ・料理猫王【YouTube】https://www.youtube.com/user/raomuming

この料理猫王は最近、中国で話題になっている「猫が料理する様子」を (編集でうまいことやって) 動画化したもの。世界一のシェフ猫を自認する「长安」という名前の猫が、色んな料理に自ら挑戦し、飼い主の人間とそれを一緒に食べたりする構成。

この動画、猫の無垢で一生懸命な様子が伝わってきて、とにかく可愛い!! 映像のテンポが非常に良く、尺も1分弱と短めなので、全く飽きずに色んなメニューの動画を見たくなります。映像内にはユーモアがちりばめられていて、「猫の毛が食べ物の中に入ってるやん! オエっ・・・」となったり、一番最後に面白いオチがあるものもあって、見応え十分です。

特に以下の馒头篇は、ほっこりするのでボクのお気に入り!

猫が料理をする、ということで、日本人的には「猫の手も借りたい」という表現が頭に浮かぶと思いますが、中国語で「多忙で手が回らない」と言うときは「忙得不可开交」だったり、「忙得厉害」という表現になるので、猫はニャンにも関係なしです!


インパクト十分&リアルな「猫おにぎり」

cat rice ball 猫 おにぎり おむすび

キャーー何これ!? 状態の、インパクト十分でリアルな「猫おにぎり」は、自作オリジナルおにぎりを作っておられる、おにぎり劇場さんの手によるもの。世の中の猫好きや小さい子供たちの中には不評な方もおられるようですが、こんなに美しくて美味しく食べられるんですから、ありがたく鑑賞&食させていただきたいものですよね!

猫以外には「ごまあざらし」「おたふく」「ダダ星人」なんかのおにぎりも作っておられます。そのアートフルなおにぎりの作り方は、YouTubeチャンネル「おにぎり劇場」へ!


ニャンとしてでも、ラブ注入!? 愛おしい「猫の手カップ」

料理というジャンルからは少し逸れますが、最後に、去年3月に中国で販売されてあっという間に完売したスターバックスの「猫の手カップ」のご紹介。写真 (※Tmall 天猫に掲載されたキャンペーン時のバナー) を見ておわかりのとおり、カップの内側の窪んだ部分が猫の手になっている、ニャンとも可愛らしい!!アイテム。

販売価格199元 (3000円強) だったのにも関わらず、完売後の転売価格は1000元以上に。確かに、ここを見てみると、1,347元 (2万円強) で売っていた店もあったんですね。でも今は Taobao 淘宝で「星巴克猫爪杯」調べると標準価格で潤沢に売られているので、今から欲しい人がいれば、簡単に入手可能です。


以上、今回は「猫と料理のクリエイティブな関係」と題して、猫ちゃん関連のニャンとも可愛いクリエイティブな事例をご紹介しました。次回は、犬の日特集でお会いしましょう!?!

XXX

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする